読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

いっそインターコンチは存在ごとぶっ壊せばいい

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

ヒールになりきれない内藤さん

インターコンチのベルトが大変なことになっていますね。

個人的にはドリブルしてたときよりも、爽快な感じはしてます。

 

もちろん、良いことだとは思ってません。

ライガー選手に同意してます。

 

多くのプロレスファンの方は内藤哲也選手を称賛してますけども、僕はイマイチです。

 

 

というのも、コメントはドンと核心を突く正論でカッコいいのに、やってること(ベルトドリブル)がいじけている感じが見えるからです。

 

いじけて、ウジウジしたところが男としてカッコいいな〜と思えないので好きになれないのです。

 

ロスインゴはベビーでもヒールでもないというユニットであるということでスタートしたはずですが、デハポンにおいてはヒールですよね。

 

何しろ、SANADA選手はバット持ってるし、EVIL選手にいたっては鎌を持ってますから、あれでベビーはないです。

フィギュアシートキーホルダー EVIL

でも、内藤選手はどこかヒールになりきれない、ベビーとしてヒーローになりたい感が見て取れて、その中途半端さを感じてしまうのです。

 

それがまた、ウジウジ感を増幅しているのです。

 

そんな中でベルト破壊。

 

ついに本物のヒールに目覚める時が来たか!とちょっとワクワクさせられてしまいました。

 

だがしかし、本当にぶっ壊すところまでは来てません。

スター選手にはぶっ壊してる人もいるらしい

実はかつてベルトをトラックで轢いたというレスラーがいたそうです。

そう、大スターのスタン・ハンセン選手です。

不沈艦伝説 スタン・ハンセン DVD-BOX [DVD]

さすがハンセン!と唸ってしまいました。

 

内藤選手以前には誰もこんな暴挙はなかったということなら、絶賛したらダメなんでしょうけども、個人的には絶賛ですよ。

 

でも、先人はトラックで轢いてるんです。このインパクトには叶いません。

 

鉄柱にぶつけたり、階段にぶつけたりではスケール小さい。もっと派手にぶっ壊すしかないのです。

 

いっそチェーンソーで真っ二つにするとか、象に踏ませるとか、スカイツリーの上から投げ捨てるとか(これはダメですね、プロレスに関係のないところに迷惑がかかりますね。ごめんなさい。ものの例えです。)ムチャクチャにしてこそ、内藤選手の怒りが表現されるのです。

 

観てるこっちが本当にあんなことやって大丈夫なのかと心配になるくらいで、ちょうどいいのではないかと思います。

 

そんなことをやると、もう二度とベビーには戻れないかも知れませんがね。

増えたベルトを減らすチャンスでもある!

先日、USヘビー級というインターコンチのコンセプトと違わないベルトが新設されました。

 

このベルトを歓迎している方もおられるでしょうが、僕は反対です。 反対ゆえにこんなアホなことを書いたりしました。

昔からベルトが増えると、最終的には統一戦とかやって一本に戻るんです。

思えば、全日本プロレスの3冠王座も上のリンク先にあるように、元々は3つの別々のベルトでした。

 

そして、かつての新日本でも先日SMACK DOWNデビューを果たした中邑真輔選手が2本のベルトを封印しています。

中邑真輔 - Wikipedia

増えては減り、増えては減りを繰り返しているわけです。

 

今、新日本プロレスには、シングルのタイトルではヘビー級の3本、無差別級が1本、ジュニアが1本、タッグがヘビーとジュニアに1本ずつ、そして6人タッグと8種類もベルトがあるのです。

こちらのブログによりますと、ビッグマッチは今年は12回ほどあるようです。

※G1とタッグリーグはタイトルのかかる戦いはないので省きました。

このビッグマッチではタイトルマッチが集中して行われます。

 

こんなタイトルがあるのに、メインでタイトルマッチをやれるのが少ないですよね。6人タッグにいたっては第2試合でやったりもしましたよね。

  【新日本】NEVER6人タッグ王者のBUSHIが試合順に難クセ 【新日本】NEVER6人タッグ王者のBUSHIが試合順に難クセ

田口ジャパンがウケてますけど、別にタイトルかかってなくても良いですもんね。それくらい存在感が薄いのです。

 

上からしたまでタイトルマッチなんていうビッグマッチは、タイトルの価値を落としているようにしか思えません。

 

それなら今の半分にタイトルを減らして、それぞれのタイトルがビッグマッチのメインを飾れるような形に持っていくほうが良いんじゃないでしょうか

 

とくにタッグのベルトは3WAYでお茶を濁すことが多いですからね。

 

観る側もわかりやすいです。

 

ヘビー級の人はみんな、IWGPヘビーを狙っているという形に戻してほしいです。

 

できれば存在理由も価値もよくわからないNEVERも鈴木みのる選手に封印してもらえれば良いな〜と思ってます。

 

USヘビー級というなぞのベルトが新設されたということは、他のベルトを封印できるチャンスだと捉えて、各選手動いて欲しいです。

 

まずは内藤選手がインターコンチを存在ごとぶっ壊して、絶対的なヒールになりましょう。

 

それで棚橋選手とのタイトルマッチはなしになって、タイガーマスクWとのスペシャルシングルマッチを大阪城ホール(観戦しに行きますの)でお願いします。

 

それではまた。

ありがとう!

WWEネットワークに加入しました

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

5月21日の中邑真輔選手SMACK DOWNデビューに合わせて、加入した方も多いと思わせれますが、

日本時間では平日の午前に開催ということでせっかくライブで観られる環境を整えても観られないという悲しみを噛み締めています。

1ヶ月無料だ

中邑選手が移籍してから、WWEを観るようになったのですが、WWEネットワークに加入してまでは観ようという気持ちになりませんでした。

 

普通のテレビではNXTは観れませんでしたので、いずれ1軍に上がってきた時に選手がわからないではつまらないだろうと、中邑選手はいないけどもRAWもSMACK DOWNも観ておりました。

 

ついに中邑選手のデビューが決まったところで、今なら1ヶ月無料で観れるということで、よし加入してやれ!と加入しました。

WWE | 加入ガイドWWE | 加入ガイド

この1ヶ月、みっちりWWE観てやるぞという気持ちで観戦します。

新日本プロレスワールドのようには行かない

普段ガッツリ新日本プロレスワールドにお世話になっておりますから、


新日本プロレスワールド 新日本プロレスワールド

同じようなものと高をくくっていたのですが、そんなカンタンには行きませんでした。

住所とか電話番号の入力が大変

まず日本語じゃないというのがキツいです。

 

自分の名前も普段と逆(つまり名前が先で名字が後ということ)なのはわかってはいましたけども、住所や電話番号、郵便番号などもまた、普段とは若干違うということで戸惑いました。

こちらを参考になんとか入力できました。

 

感謝。

クレジットカード決済ができない!

支払い方法はいくつか選べるわけですけども、これまた新日本プロレスワールドと同じくクレジットカード決済を選んで、しっかり番号を打ち込みました。

 

ところがそのカードは使えないというようなことを言われて(英語表記なので正確になんて書いてあるのかはわかってないんですが・・・)何度も何度も名前や住所の入力にまで戻らされてしまいます。

 

ちなみにVISAの楽天カードです。

カードが止められているわけでもないのに、どうして使えないの?

 

理由はわかりませんが、とにかく全然先に進まないので、最後の手段PayPalのアカウントを作ることにしました。

クレジットカード決済-PayPal(ペイパル)クレジットカード決済-PayPal(ペイパル) 

PayPalのアカウントを作ることは実にカンタン。

 

パパっとアカウント作って再びWWEネットワーク加入のところへ戻り、再び名前・住所・電話番号を入力。

 

この時には英語での住所入力にも慣れてきてました。

 

支払いにPayPalを選んだら、あっさり加入とあいなりました。

アプリも使ってみました

ブラウザで観られるようになったわけですが、iPhoneにアプリを入れておくのが便利だろうと入れてみました。

WWE

WWE

  • World Wrestling Entertainment, Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

思えば新日本プロレスワールドにもアプリがあるんですが、

新日本プロレスワールドChromecastプレイヤー

新日本プロレスワールドChromecastプレイヤー

  • TV Asahi Corporation
  • スポーツ
  • 無料

こっちは一旦ブラウザで観たい試合を選んでからアプリに飛ぶという面倒があるんですが、WWEのほうは直接アプリから試合が観れます。

 

さっそくチラッとNXTでの中邑選手の試合を観ました。

 

当たり前ですが何から何まで英語なので、若干ビビりますが慣れてしまえばなんてことないと思います。

 

1ヶ月が終われば、契約を解除するのか、そのまま継続してお金を払うのか、今のところ五分五分ですね。

 

1年くらい普通のテレビでRAWとかSMACK DOWNを観てましたが、新日本プロレスほどハマれませんでしたので、本当に微妙なところです。

 

とにかくこの無料期間をしっかり味わいます。

 

それではまた。

ありがとう!

ベスト・オブ・スーパージュニア開幕戦@新日本プロレスワールド

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

先日、荒い予想をしましたので、今年はしっかり観ています。

実はここ数年、ジュニアにはあんまり興味がなくて観てなかったので、知らない選手が多かったわけですが、毎度おなじみ新日本プロレスワールドで観まして、ひと通り見ての感想を書きます。

 

詳しい結果はこちらでご覧下さい。

本当にいつも感心していますが、実に見やすくまとまっています。

獣神サンダー・ライガーvsTAKAみちのく

ライガー選手がこれで最後というので、少し前に何年か前のライガーvs保永昇男を観てしまいました。

 

それを観てからのこの試合だったので、時の流れというのは残酷だと思いました。

 

ライガー選手のプライドが、今の動きで世界最高峰の戦いの中に身をおくのがつらくなったんだろうな〜とも思えてきました。

 

悔いのない戦いをして欲しい。

 

一方TAKA選手、粋なことしますね。ウルッときました。

タイガーマスクvsボラドール・ジュニア

あんまり知らないボラドール選手に注目していましたが、あんまり印象に残りませんでしたね。

 

スカイウォーカーという異名があるということでしたが、空中殺法も特になんてこともない感じで、タイガーマスク相手では本域までは到達しないということでしょうか。

 

それよりタイガーマスクのポッチャリっぷりが気になりました。

 

お肉がプルプルで、見た目までお師匠さんの佐山聡さんに似なくてもいいのに。

 

タイガードライバーも下半身が安定していない感じで、ライガー選手よりも衰えが来てるんじゃないかとすら思わせました。

リコシェvsタイチ

本当に素晴らしい。

 

お互いの持ち味が出た良い試合でした。

 

高橋裕二郎選手のディーバがあんまり機能していないのに対して、こちらのディーバはちゃんと機能していて素晴らしいですね。

ACHvsBUSHI

前にタッグリーグでACH選手をチラッと観てることを思い出しました。

 

しかし、こんなにワンピースワンピースしたキャラでしたかね?

 

ワンピースがなくても十分通用する技量は持っているんじゃないかと思いました。

 

特に表情が素晴らしいです。

 

サンシャイン池崎のようでした。

4点セット 名入れ タンクトップ 【サンシャイン セット】パンツ リストバンド 手ぬぐい (L)

どの選手との対戦も楽しみですね。

 

それにしてもロスインゴの選手はみんながみんな、本当に上手い。丁寧にプロレスをしている印象を受けまして、好感がもてます。

KUSHIDAvsエル・デスペラード

KUSHIDA選手また負けちゃいましたね。

 

スタートダッシュしないとマズいんじゃないかと思うのですが、これから大丈夫ですかね?やはりキャラチェンジですよ。

※こちら↑にKUSHIDA選手のキャラチェンジを書いています。

デスペラード選手もあんまり観たことがなかったんですが、良い選手ですね。マスクもカッコいいし、パワーもスピードもテクニックもあるのでもっと活躍できる選手だと思います。

 

若干地味ではあるんですけどね。

 

それにしても、レフェリーがヘタでしたね。

 

この試合はアレで台無しになりました。こんなことになってしまうところに、今のKUSHIDA選手の運の無さを感じます。

ウィル・オスプレイvsマーティー・スカル

スカル選手はまったく初めて見る選手ですが、雰囲気ありますね。一発で好きになりました。

 

予想では3勝4敗としてましたが、これは勝ち越せるかな〜という気がしてきました。

 

ACH選手同様、全選手との絡みをしっかり観たいです。

 

あのフィニッシュはチキンウイング・フェースロックとはちょっと違うのかな?

あれ?同じか。

 

この技、UWFが新日本に帰ってきたときにいろんな選手が使ってました。

 

僕も大好きな技なのでこれをフィニッシャーとしてるのもまたツボでした。

 

オスプレイ選手はあいかわらず素晴らしい。言うことなし。

 

ずいぶん見慣れてきたかなと思えど、やっぱりスゴいな〜と思わせる動きの数々。まだまだ洗練されていく気がします。

田口隆祐vs金丸義信

ここでやっとよく見る新日ジュニアの戦いという感じで安心します。良い試合でした。

 

個人的優勝候補(金丸選手のことです)が負けてしまいまして、早くも予想がハズレそうな予感です。

 

まだまだこれからです。ガンバレ金丸!

ドラゴン・リーvs高橋ヒロム

言うことなしの名勝負でした。

 

本当に二人共素晴らしいレスラーですね。感動しました。

 

危険な技をたくさんやっているのでしょうけども、二人共受け身が抜群に上手いのか、観てる僕の感覚が麻痺しているのかわかりませんが、スゴい攻防を安心してみていられるところが本当に素晴らしい。

 

僕はルチャの選手はみんな同じに観えてしまうところがあるのですが、ドラゴン・リー選手はしっかり区別が付くくらい刻み込まれました。

 

これから何回も観たいカードですね。

最後に

本当にレベルが高い大会ですね。

 

ちょっと前にWWEのクルーザー級トーナメントだったかな?の試合も何試合か観ましたけど、このレベルには到達してません。

 

世界一なんじゃないですかね。

 

世界一の戦いが間近観れるなんて本当にありがたいことです。

感謝、感謝。

 

それではまた。

ありがとう!

やっぱりジュウオウジャーはおもしろい@『帰ってきた動物戦隊ジュウオウジャー お命頂戴! 地球王者決定戦』観てきた

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

『動物戦隊ジュウオウジャー』の新作を舞台挨拶込みで観てきました。

帰ってきた動物戦隊ジュウオウジャー お命頂戴! 地球王者決定戦 超全集版(初回生産限定) [Blu-ray]

6月28日発売されるDVDをいち早く劇場で観たということです。

女性二人はムチャクチャ美人だった

スーパー戦隊にハマれるかどうかの鍵を握っているのは、何と言っても女性メンバーが美しいかどうかです。

 

この1点がクリアされてさえいれば、ストーリーがどうした、男性メンバーがどうした、敵デザインがどうした、なんてことは瑣末なことです。

 

つまり只今絶賛放送中の『宇宙戦隊キュウレンジャー』に今ひとつハマれていないのは・・・そういうことです。

さて、その美人のお姉さま方をライブで拝見できるということ(上映後に舞台挨拶がありました)で、ワクワクして行ってまいりました。

 

思っていた以上に二人共お美しかったです。

 

あんな人類もいるんだなと感激しました。

 

トークのほうもみなさん上手でしたね。チームワークの良さが見て取れまして、このチームワークが作品をおもしろくしているんでしょうね。

悪役は林家たい平さん!

さて内容ですが、スーパー戦隊らしい親子で楽しめる娯楽作品に仕上がっています。

 

この作品では悪役で林家たい平さんが出演なさっています。

林家たい平落語集 たい平落語 ぞろぞろ/金明竹/千両みかん

見事な悪役を演じておられます。素晴らしい。

 

演出もたい平さんを起用したことが存分に活かされたものになっていまして、【笑点】を知るオッサンをニヤリとさせます。

 

たとえばたい平さんは、マフィアのボスのような役なのですが、葉巻の代わりにセンスを葉巻のようにお吸いになってました。

 

落語家さんならでは動きでした。

 

ちびっこにはわからないかも知れませんね。

ジュウオウ・ザ・ワールドがレインメーカー!

プロレスファン的に楽しかったのは、ジュウオウ・ザ・ワールドが敵との戦いの中でレインメーカーを繰り出したところです。

※最後に炸裂した技です。

この作品はもちろん、かつてのテレビ版でも、ジュウオウ・ザ・ワールドは「レベルが違うんだよ!」とレインメーカー・オカダ・カズチカ選手を思わせるセリフを口にしていたんですが、ついに技まで使いました。

動物戦隊ジュウオウジャー 戦隊ヒーローシリーズ07 ジュウオウザワールド

※こちらがジュウオウ・ザ・ワールド

さらにレインメーカーに続きドロップキックまで繰り出しまして、そこがこの映画で一番興奮しました。

続編に期待!

最終回後のお話なので、ジュウオウジャーの面々がその後どんな暮らしをしているかが知れます。

 

寺島進さん演じる真理夫おじさんもチラッと出てきますが、サービス満点です。

 

そして、詳しくは書けませんが、ジュウオウ・ザ・ワールドことみっちゃんにとっても素敵なことが起こります。

 

あんなに人付き合いが苦手だった彼がついにここまで来たのかと、これまでのジュウオウジャーを観ていた方なら感激すること必至です。

 

みっちゃんの今後がどういう展開を見せるのか、とっても楽しみで続編への期待がたかまります。

 

通常ですと『VSシリーズ』があるはずなので、この話の続きが観れるはずなんですが、

劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージfromスーパー戦隊 コレクターズパック [ブルーレイ+DVD] [Blu-ray]

舞台挨拶の時にジュウオウジャーとして顔をそろえるのはこれが最後みたいなことを仰っていたので、心配です。

 

キュウレンジャーとの絡みも是非とも観たい(セラ役の柳美稀さんがチャンプを演じたいとか仰っていた)ので、これで最後ということなく来年の年明けすぐくらいに劇場公開されることを祈っております。

 

ジュウオウジャーファンは必見の娯楽作品ですよ!

 

それではまた。

ありがとう!

日本一早い東京ドームメインカード予想:そこから下半期のIWGPヘビー級戦線を考えてみる

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

日本一はちょっと大げさでしたか。

 

ボチボチ大阪城ホール大会ですが、G1も済んでないのに来年の東京ドームのメインのカードを予想して、そこから逆算して2017年下半期のIWGPヘビー級戦線を予想してみます。

2018年ドームのメインは内藤vsオカダだ!

誰しも思いつくことですかね。

 

来年のドームのメインはもうこれしかないでしょう。

 

ベルトが増えようともやっぱりメインはIWGPヘビー級選手権試合です。そうじゃないときもあったけど・・・。

 

選手名の表記順に注目してほしいのですが、つまりこれはチャンピオンが内藤哲也選手でチャレンジャーがオカダ・カズチカ選手であるということです。

 

前回ドームで二人が対戦した時とはまったく逆のシチュエーションであるということです。

 

大阪でモウレツなるブーイングを浴びだしたあたりから、内藤選手は新日本の主役はオレだと言っておられましたけども、ついに本当に主役に躍り出る時が来年のドームであると思っております。

 

僕はオカダ選手のファンなので、できればこの戦いはオカダ選手に勝ってもらいたいという気持ちがあるのですが、やっぱり来年以降のことを考えると内藤選手に防衛してもらうほうがおもしろいんじゃないかと思っています。

 

ただ、IWGPヘビーのベルトは放り投げないで欲しいですね。

オカダ選手も内藤選手も揃って負けます

ということはオカダ選手がどこかで防衛に失敗しなければなりませんし、内藤選手もインターコンチの防衛に失敗しないとこのカードは成立しません。

 

つまりそれは上半期の総決算の大阪城ホール大会です。

 

今年のドームのカードのリマッチなので、同じ結果だつまらないと思う(それだけにKUSHIDA選手の連敗はインパクトがあったんですがね)ので、ドームとは逆の結果になるでしょう。

 

これを機に内藤選手はインターコンチ戦線からハズレてヘビー級戦線に組み込まれます。

 

ということでインターコンチは棚橋弘至選手を中心として真壁刀義選手、ジュース・ロビンソン選手、マイケル・エルガン選手など普段タッグを組んだりしている人たちと戦うほうに行ったら良いな〜と思っています。

 

ただ、USヘビー級というのが新設されちゃったので、外国人選手はそっち中心になりそうでもあります。

 

そうなると、インターコンチもチャレンジャー不足に陥りますね。

 

昨年はG1後、ドーム大会までにインターコンチの防衛戦は2回ありまして(一応数えたんですが、間違ってたらごめんなさい)棚橋選手が下半期防衛してドームでも防衛戦になるんじゃないかと思ってます。

 

誰と対戦するかまではちょっと思いつきませんでした。予想が荒くてスミマセン。

 

真壁選手が良いかな〜と思ったんですが、その頃には本間朋晃選手が復帰してそうだから、やっぱりタッグ戦線に参戦するでしょうしムリですかね。

G1優勝は後藤選手

さて、夏のG1もドームのカードに影響をおよぼすわけですが、ドームでIWGPヘビー級に挑戦するためにはG1に優勝するしかないのが、ここ数年の決め事です。

 

ドームでオカダ選手がIWGPヘビーに挑戦するには、G1優勝するしかないので当然G1の優勝はオカダ選手と予想するところではあるんです。

G1は格上げイベント

ここ5年をさかのぼってみれば、僕がまたプロレスを観だした2012年の優勝者がオカダ選手でした。

※僕がプロレスを観だしたのはG1後の10月くらいだったので、オカダ選手の優勝を知りませんでした。

そこから内藤選手→オカダ選手→棚橋選手→ケニー・オメガ選手と移り変わっていきます。

 

だいたい2年に一回くらいのペースでオカダ選手が優勝するという感じなんですが、G1は格上げイベントですから、今や絶対王者的な地位を築きつつあるオカダ選手の格をこれ以上あげる必要はないのです。

 

僕の知ってる昔のG1はしばらく鳴かず飛ばずの選手が優勝してました。

※蝶野ファン、天山ファンの皆様、ごめんなさい。

 

これよってトップグループの仲間入りをしたとファンにも認められるというようなイベントです。

 

近年ではケニー選手がわかりやすいですね。

 

また、IWGPヘビー戦線に絡める選手が固定化されてきてますので、フレッシュなチャレンジャーが欲しいところです。

 

いや、チャンピオンを任せられる選手が新規参入して欲しいのです。

 

今のケニー選手はまさにいつ王者になってもおかしくないところにいますね。

 

そこで僕はそろそろ後藤洋央紀選手の格が一つ上がって欲しいと願っています。

 

NEVERはそもそも若手のベルトだったそうです(僕がプロレスから離れていた時に創設されたベルトなのでその経緯をよく知りません)し、それはその位置に戻してあげて後藤選手はIWGPヘビー戦線に絡んで欲しいです。

このようなアホな改造案を考えるくらいですから、後藤選手が気になって仕方ないんです。

 

ただG1で後藤選手が優勝して、ドームでオカダ選手がベルト挑戦しようと思うとメインの出場権を賭けた戦いをしないといけません。 

権利書は動かないわけじゃない

昨年はケニー選手は2度権利書を賭けた戦いをしています。

 

世界一過酷なシリーズを戦い抜いて勝ち得た権利書ですから、誰もが当然防衛するだろうと思ってみています。

 

せっかく優勝したのに、ドームのメインの権利を横からさらわれたらあまりにも気の毒じゃないかと思いますもの。

 

しかし、今年は動きます。

 

つまり権利書を賭けた戦いでオカダ選手が後藤選手に勝つのです。

 

G1以外で同じユニットの選手同士が戦うことも珍しいわけですが、権利書が動くという珍しいことも起こります。

 

サプライズ!

こちらのブログでご指摘のように、たしかに権利書が動くとG1の優勝に水をさしますが、権利書が動くことで後藤選手がさらに飛躍するきっかけになるんじゃないかと期待したいのです。

内藤選手も這い上がってきた

東京ドームのメイン出場権なのに、内藤選手はメインに出られませんでした。

 

この出来事が今の内藤選手をトップ選手にする要因の一つだったんじゃないかと思います。

 

後藤選手も気の毒な目にあって、そこから這い上がって真のメインイベンターになってほしいのです。

 

で、ついでにメインの出場権という制度も今年限りでなくなればいいのにと思っています。

 

夏の終わりからお正月までひっぱるには期間が長過ぎる気がしますし、G1優勝者は普通に次期シリーズに王者に挑戦したら良いんじゃないかと。

 

ほぼ動かないとわかっている権利書マッチなんてつまらないです。

 

なんだったら秋に権利書争奪トーナメントとかやったらいいんじゃないですかね。

ケニー選手が内藤選手に敗れて王座移動

さて、肝心の王座はどうなるかと予想しますと、大阪城ホールでケニーが王者になりますから、G1後に防衛戦を行います。

 

昨年はG1後でドームまでの間に防衛戦はわずかに1回です。

 

つまり、今年も1回だけ防衛戦があります。

 

挑戦者は当然内藤選手です。

 

挑戦するためにはG1でケニー選手と引き分けるか勝っておかないといけませんので、そういうことになります。

※理想は準決勝で時間切れ引き分け。

そこで内藤選手がきっちり勝利をおさめて、ドームのメインでオカダ選手を迎え撃つつという展開になります。

 

これで東京ドームのメインカードが整いました。

最後に

インターコンチの行方、NEVERの行方、新設されたUSヘビーの行方とまだまだいろいろ予想できることはあるのですが、今回はIWGPヘビー戦線の今後の行方を予想してみました。

 

こうやっていろいろ予想しながら観るのもプロレスの楽しみ方だと思います。

 

皆さんもやってみてはどうでしょうか?

 

それではまた。

ありがとう!

レッスルキングダム11 2017.1.4 TOKYO DOME [DVD]