読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全てはプロレスである!

何でもプロレスに絡めて語る雑記ブログです。プロレスを知らない人でもわかるように心がけます。

こうなったらあっちこっちにIWGP:IWGP USヘビー王座が新設されたということで

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

久しぶりにプロレスの話題です。

 

プロレスのことを書くブログなのにここのところ書けてませんでした。

IWGP USヘビー級新設された

驚きました。また、ベルトが増えたのでした。

僕はインターコンチやNEVERも要らない派なので、本当にビックリしたと同時にちゃんと運営できるのか不安になりました。

 

デザインもね・・・、ま、これは好みの問題ですがね。

 

どういう位置づけのベルトなのか、よくわからないけども「US」ということはアメリカ人とかアメリカの団体の選手で取り合うベルトなんでしょう。

 

あれ?それってインターコンチの位置じゃないのかね?

IWGPインターコンチネンタル王座 - Wikipedia

アメリカを始めとする海外マットにおいてのIWGPヘビー級王座への登龍門というのが、設立に際しての位置付けである

きっとUSヘビー級というのもこういうことなんだと思いますから、同じ位置づけのベルトが2つになっちゃったということです。

 

そもそもIWGPというタイトルは乱立するベルトを統一して真の王者を決めようじゃないかという考えのもと作ったんじゃなかったっけ?

IWGP - Wikipedia

IWGPはプロレス界における世界最強の男を決めるという考えの下にアントニオ猪木が提唱したものである。各地域や各々の団体にチャンピオンベルトがある事で真のチャンピオンを決めるべき姿を確立する為の目的

そのIWGPがベルト増やしてどうすんの?と思わずにはおれませんね。少なくとも古いファンほどモヤモヤっとするでしょう。

株式上場するために必要?

先日、新日本プロレスがもっとでっかい会社になるにはどうしたものか?ということをまとめられた記事を読みました。

※これは本当に面白い記事なのでぜひ読んで見て下さい。みんなでプロレスを盛り上げましょう!

100億円企業というのは、100億円の売上があるということです。現在が32億円ほどらしいので売上が約3倍にならないといけないわけです。

 

今のファンの人が3倍お金を払うか、ファンが3倍に増えてなおかつ今のファンと同じくらいお金を払わないと100億円には行かないわけです。

 

急にはファンが3倍にならないわけですから、今のファンがつい3倍払ってしまうように仕向けるほうがラクです。

 

つい3倍払うとは、今まで春夏秋冬1試合ずつ観に行って、年間4試合観に行っていたとしたら、それが年間12試合観に行くということです。

 

さて、どうやったら行きたくなるでしょう?

 

タイトルマッチを増やしましょう。

 

タイトルマッチがなかったら近所に新日本プロレスが来ても今回はやめておこうかな?となったりします。

 

とはいえ、そんなにタイトルマッチばかりはできません。

 

タイトルマッチを盛り上げるためにはタイトルマッチに至るまでのタメが必要ですから。

 

じゃあ、タイトルマッチを無理なく増やすにはどうしたらいいか。

 

タイトルを増やすしかない、ということになります。

 

そう、このUSヘビー級新設も新日本プロレスが100億円企業になって株式上場するためには必要なことなのかもしれないと思えてくるのです。

 

ま、入場料金の値上げもやっているみたいですがね。

チケット代が3倍になっては困ります。

こうなったらジャンジャン増やしてしまおう

僕はずっとベルトが増えることに対して実に否定的でしたが、これも大好きな新日本プロレスの発展のためなら、そう否定ばかりでもダメだなと思い直し、考えてみました。

 

最初のIWGPは各国の代表選手が集まって戦ってチャンピオンを決めるというような大会だったと思います。

 

前田日明選手が欧州代表だったりしなかったかな?

 

だから、あっちこっちにベルトを新設したらいいんです。

 

IWGPメキシコヘビー級、IWGPオセアニアヘビー級(ファレ選手が王者)、IWGP環太平洋ヘビー級、IWGP東洋ヘビー級、IWGPユーラシアヘビー級、IWGP欧州ヘビー級、IWGP UKヘビー級などなど世界中はもちろんのこと、IWGP DDTヘビー級とかIWGPドラゴンゲートヘビー級とか、はたまたIWGP WWEヘビー級という各団体の代表まで決めてしまってもいいでしょう。

 

そこにプロレスラーがいて、プロレスを楽しみにしてるという人がいるならば、そこのチャンピオンをどんどん認定していくのです。

 

G1クライマックスのチャンピオンが集結して、真の王者を決めたらいいんじゃないでしょうか。

 

1周回って元の位置です。

いっぱい作ってしまえば、最初のIWGP構想に戻るということです。

 

タイトルがかかることで試合がおもしろくなりさえすれば、いくらタイトルがあっても別にいいんじゃないかと思えてきました。

 

それではまた。

ありがとう!

 

エキスポシティでやたら作りそうになるあのカード、コストコで行けるやつじゃないの?

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

あの伝説のノーロープ有刺鉄線バリケードマット地雷爆破デスマッチ以来の万博公園(エキスポシティ)に行ってきました!

あの大会はムチャクチャおもしろかったです。

 

試合もどれもこれもアホでおもしろかったし、隣に斎藤清六さんがいたり、

事故があったりで、違った意味でも印象深い大会でした。

※事故が想像以上に大事故で(僕のところからはわからなかった)試合そっちのけになってしまっていたお客さんがたくさんいました。

それはさておき

エキスポシティはおいしそう!

最近、似たような巨大ショッピングモールがやたらとありますけど、ここはちょっと違うな〜と思いました。

 

こういうところのフードコートってどこもだいたい似たり寄ったり、またアレか〜なんてなるものですが、ここは一味違いました。

ららぽーと EXPOCITY | Gourmet Guideららぽーと EXPOCITY | Gourmet Guide 

個人的に行ったことがないお店ばかりだっただけなんですが、こりゃ何回か通わないと味わい尽くせないと、ここを知ってしまったことを後悔しました。

 

とりあえず初めてのクア・アイナをテイクアウトしたよ。

クア・アイナのアボカドバーガー

※あんまりおいしそうに見えないのは、僕のせいです。

アボカドと厚切りのチェダーチーズが入ったハンバーガーなんですが、メッチャクチャおいしかったです。

 

それはさておき

あのクレジットカードはコストコで使えるやつじゃないか

ここのところ、コストコには行ってないのですが、その理由の一つに僕の持っているクレカが、コストコでは使えないというのもあるのです。

わざわざコストコで使うためだけにオリコカードを作る気にならないし、アメックスは年会費いるし、で二の足どころか三の足、四の足と踏んでコストコには行かないという選択している現在です。

 

コストコをよく利用する友達と、アメックスが年会費払わないでいいなら、作ってもいいかなと思うよね〜なんて話したりもするんですが、 そんな都合のいい話ないよね〜なんて言ってたら、

あるじゃん、年会費無料のアメックス!

 

 

提携カードでもOKとあったので、このどれかを作ればコストコでも使えるというわけです。

 

そんなさなかにエキスポシティへ行ったらば

あのカードを随所に推してくる

『クレジットカードの読みもの』さんで紹介されていたカードを、駐車場代が1時間タダになったりしてお得だぜ、作りなよ、とあっちこっちで言われました。

 

たまにしか来ないエキスポシティの1時間の駐車場代のために、なんでわざわざクレカ作りゃにゃあならんのだと思ったのですが、待てよ、これがあったらコストコに行く理由が出来るじゃないか、と頭をよぎったのです。

 

長らくコストコのピザもプルコギベイクもクラムチャウダーもあの死ぬほど食べてしまうポテチも食べてないな〜と。

クレジットカードを見て、コストコの味を思い出していたのです。

 

しばらく悩みましたが、今回はスルーしました。

 

僕の友達にはエキスポシティもコストコも大好きでよく行く人がいますが、このこと知ってるのだろうか。

 

友達君こそ、このクレジットカード作ればいいのに。

 

教えてあげよっと。

 

それではまた。

ありがとう!

見比べる楽しさ@『仁義の墓場』二連発

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

 

『仁義の墓場』という映画のリメイク作品とそのオリジナルを続けざまに観ました。

 

特にヤクザ映画が好きというわけではないのですが、この映画の主人公が実在の人物をモデルにしているということでちょっと興味が出まして、観てみたのです。

オリジナル『仁義の墓場』

仁義の墓場 [DVD]

ちなみにストーリーはこちら↓で読めてしまいます。

仁義の墓場仁義の墓場 

さて、主演は渡哲也さんです。

若くなった大門 

渡哲也さんといえば西部警察か

西部警察 PARTⅠセレクション 大門BOX 1 [DVD]

お酒のCMしか知らないのですが、

この映画が渡さんの初主演作品ということです。

 

見た目は西部警察の時よりちょっと若いくらいでほぼ同じです。今はさすがにお年を召してはおられますが、イメージは変わりません。スゴい。

 

いつも良い者である渡さんしか知らないので、悪い渡さんを観るのがこれが初めてでした。

 

たしかにムチャクチャなんだけど、どこか憎めないところがあるキャラを見事に演じられおります。

 

カッコよかったです。

ハナさんを観ると笑ってしまう

渡さんの親分としてハナ肇さんが出てきます。

 

ハナさんといえば銅像ですから

※0:25あたりに出てきます。

出てくるだけで笑うように育ちましたので、どうしてもなにか面白いことをやってくれるんじゃないかという期待感いっぱいで観てしまいまして、最後までヤクザの親分に見えませんでした。

 

ごめんなさい。

 

多岐川裕美さんがとにかく美しい

この映画に出てくる多岐川裕美さんは本当にお美しいです。

酸っぱい経験 (MEG-CD)

お嬢さんの華子さんよりキレイです。

 

こんなキレイな女の人が、なんであんなムチャクチャな男のために必死になるのか、全然わからないので、とにかくつらい。

 

きっとこういうのがわからないから、モテないんだろうな〜と思えてきました。

リメイク『新・仁義の墓場』

新・仁義の墓場 [DVD]

ストーリーは大体同じなんですが、舞台とする時代がずいぶん新しくなってます。

岸谷五朗さんがとにかく素晴らしい

岸谷五朗さんのこと、これまで特にどうもこうも思ってませんでした(ごめんなさい)が、これを観たらスゴい役者さんなんだな〜と思わずにはいられない迫力があります。

 

オリジナルの主人公もムチャクチャでしたけど、ムチャクチャさではこっちのほうが遥かに上を行ってます。

 

人の心が全くないのです。こんな人が近くにいたら、本当に怖いです。

 

特に主人公・石松陸男(オリジナルは石川でした)が機動隊に囲まれてしまう場面での芝居がスゴい。

その凄まじさは上のブログにはこう書かれてありました。

陸男が機動隊に囲まれてマンションのベランダに追い詰められる場面で、喚き散らしていたかと思うと、突然天を仰いで飛び跳ねたりしてるんです。これ「○○警察24時」で見た、警察に追い詰められた麻薬常習者がとった行動と全く一緒なんです。

僕も同じように感じました。

 

これが観れただけでも、観て良かったな〜と思わせます。

山城新伍さんが両方出てる!

実はどちらの映画にも出ている方がおられます。

 

チョメチョメで有名な山城新伍さんです。

白馬童子 DVD-BOX デジタルリマスター版

オリジナルでは主人公の仲間の田村という役で、リメイクのほうでは主人公の親分です。

 

出世して良かったな〜となんとなく思ってみてました。オリジナルのほうでは後に親分になりそうな感じがなかったので。

 

リメイクに出てる山城さんのほうがいい味出てます。

有森也実さんがかわいいけど・・・

主人公の妻を演じているのが有森也実さんなのですが、多岐川裕美さんはキレイでしたがこちらはかわいいという感じです。

有森也実オフィシャルウェブサイト有森也実オフィシャルウェブサイト 

主人公がオリジナルよりもムチャクチャですから、奥さんももっとムチャクチャされます。

 

本当に気の毒。

 

それでも主人公にどんどん惹かれていくんです。これが女心というものなのでしょうか?

 

上のブログにも書かれてますが、確かに有森さんかわいいんですが、この役は井上晴美さんがやったほうが良かったと思います。

オリジナルとリメイクを並べて観るおもしろさ

比べて観るおもしろさを堪能しました。

 

同じ原案でも作る人が変わると、時代が違うとこうも違ってくるのか〜と楽しめました。

 

その時ふと、もしも今のタイガーマスクしか知らない人が初代、2代目、3代目とを並行して観た場合、どういうふうな感想を抱くのだろうと思いました。

※若干ムリからプロレスの話題に絡めます。

タイガーマスク烈伝 [DVD]

僕は初代をまず先に知ってますし、そのインパクトは凄まじかった(子供の頃に観たというのもあります)のでどうしてもそれ以降の選手を過小評価してしまいます。 

 

やっぱり初代タイガーマスクや2代目タイガーマスクの評価が違ってくるんでしょうね。

 

でも、今のタイガーマスクと過去のタイガーマスクをまったくフラットで見比べるということは残念ながら僕には出来ない楽しみ方です。

 

そういう意味で、この2つの映画を見比べて楽しむというのが特別に思えてきました。

 

今回観た『仁義の墓場』は、僕的にはリメイクのほうがインパクトがありました。

 

しかし、1975年の公開時に映画館で観た方からすると、リメイクのほうはまだまだだとなるかもしれませんね。

 

ちなみに世間一般の評価は

仁義の墓場

新・仁義の墓場

オリジナルのほうが評価が高いです。

 

あら、僕が変なのかな。

 

インパクトはあったんですが、観終わった後に「よし明日からまた頑張ろう」という具合に前向きな気持ちになったり、日々の生活に活力を与えたりというようなことはありません。

 

それではまた。

ありがとう!

 

 

どこで泣けるのかサッパリわからない@東京セレソンデラックス『夕』

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

芝居?舞台?をDVDで観た

面白いと聞いたので観てみました。

東京セレソンデラックス「夕-ゆう-」【ニュープライス版】 [DVD]

ドラマではなく、舞台の上で芝居をするのを総称して何と呼べば良いのかわかりませんが、その手のもので観たことがあるのは吉本新喜劇くらいなので、どんなことが起きるのかとてもドキドキしました。

 

上映時間が3時間弱ということで、普通の映画よりも長い。

 

映画でそこまで長いのを観たのは『ラスト・エンペラー』くらいだろうか。

ラストエンペラー (字幕版)

よくもあんなに長いのを途中眠らずに観れたもんだと自分で自分をホメたくなったものです。

 

ま、面白がれれば眠らないんです。

泣けるとのことだったが・・・

話によると泣けると、そりゃもうジャジャ泣きだと聞いていたので、タオルを用意して泣く気満々で観ていたのですが、

 

まるっきり泣けませんでした。

 

泣けるポイントは、 多分ここなんだろうな〜というのはわかったのですが、少しもグッと来ません。

 

この芝居がつまらなかったというわけではなく、むしろ芝居全体としてはとても面白い芝居でした。

 

大体のストーリーはこちら↓を御覧下さい。

主人公の女性の切ない想いが、涙を誘うのでしょうが、僕はまったく共感出来ませんでした。

 

主人公の悲しみは、全て自分のまいた種であり、何度も修正出来るチャンスがあったにもかかわらず、それをせずに終わったわけです。

 

そしてその途中、主人公は周りの色んな人に次々に迷惑をかけて行きます。

 

周りの人達は全てすこぶるいい人達で、毎日を明るく楽しく必死に生きている人達です。

 

それだけに主人公の振る舞いによって迷惑をかけられて、つらい思いをするハメになったのが、実に腹立たしく思い、

 

泣けるどころか主人公に怒りが湧いてきました。

ハッピーエンドが望ましい

僕は物語はハッピーエンドで終わって欲しいのです。

 

でもこの『夕』のエンディングは何だか寂しい気持ちになりました。

 

最後の最後にみんなが幸せになればいいのだけど、結局誰も幸せになれません。

 

とにかく悲惨な話です。

※それを思うと泣けなくもないけど、主人公に対する怒りのほうが強かったのです。

必ずしもハッピーエンドにならないのは現実世界の話です。

 

せめて、物語の中、フィクションの世界では、最後はみんながハッピーで終わって欲しいし、そんなハッピーな姿を観て元気がもらえると思うので、こんな話はちょっと苦手です。

 

そんなベタな展開のほうが、僕は素直に喜べ、素直に泣けるのです。

 

好みと真反対の物語だったということになりますね。

泣けるどころかイラッともした

本筋とは関係ないところで、一つだけイラッとするところがありました。

 

主人公の幼なじみの一人にブサイクな人がいます。

 

この人がなぜかイモトアヤコさんみたいに、眉毛を太く書いてるんですね。

どうも、どうも イモトアヤコでございます。

ブサイクであることが誰が見てもわかるように、こんなことをしたのでしょうけど、この人が出てくるシーンにはいちいちイラつきました。

 

笑いを理解してない人が、こういうことやったら笑いが取れるんでしょ?と安易に考えている感じがして、不快でした。

 

ストーリー的にもキャラクター的にも、あんなメイクをする必要性が全く感じられず、 むしろ普通の感じのほうがもっと良かったのではないかと。

 

仮に、あのメイクが時代を反映したものだとすると、主人公ともう一人の幼なじみの女の子も、そうでなくてはおかしい。

 

でも、主人公ともう一人の幼なじみは何年たっても特に変化もなく、ずっとキレイなままでした。

 

他のキャラクターが歳を増すごとに変化を見せていただけにガッカリでした。

 

つまり、主人公が若くて美しいままでないと泣かせられないということなんでしょう。

 

そういうところもガッカリです。

 

そんな硬いことを言わずに笑ってあげるのが礼儀だったのかもしれませんがね。

十年愛を思い出した

セリフが長崎弁?で、ところどころヒアリング出来なかったところがあったのもまた、 残念ではありました。

分析・長崎弁 《 長崎ガイド 》

しかし、方言でなければ出ないテンポや幼なじみの雰囲気、田舎の雰囲気というのもあるので、 これはこれで良かったのではないでしょうか。

 

それ以外はテンポもよかったし、笑いも良かった(ふざけたメイク以外は普通に面白がれました)し、良い芝居でした。

 

長い年月が流れる物語ということで、浜田雅功さんと田中美佐子さんのドラマ、 『十年愛』を思い出しました。

十年愛 DVD-BOX

※このドラマの大江千里さんの最期は名シーンです。

基本的に恋愛ものは苦手なんで、感動が薄いんです。

 

ただ外的要因によって引き裂かれた恋愛ならば、多分ジャジャ泣きになるでしょう。

 

不覚にも『ゴースト』で泣いちゃった事もあるし。

ゴースト/ニューヨークの幻 (字幕版)

でも、この『夕』は主人公の自爆。

内的要因です。

 

泣けません。

 

泣けませんでしたけども、舞台の芝居も良いものだな〜と思いました。

 

いつかライブで観てみたいです。

 

プロレスと同じで芝居もライブの迫力に圧倒されるんでしょうね。

それではまた。

ありがとう!

 

リピートしたくなるおいしさ!@『ココナッツ風味のまろやかベトナムカレー』

元気ですか〜!?

どうも、ろけねおです。

ベトナムカレーとは?

レトルトカレーをいただきました。

ココナッツ風味のまろやかベトナムカレー ココナッツ風味のまろやかベトナムカレー

『ココナッツ風味のまろやかベトナムカレー』といいます。『バインセオサイゴン』というお店のカレーのレトルトカレーなんだそうです。

お店の名前の「バインセオ」というのが、

日本の広島焼きのように薄く焼き上げた生地の中にエビや豚肉、もやしが入ったものが基本スタイル。新鮮野菜もたくさんとることができる、ヘルシーで魅惑的な料理です。

なのだそうで、カレーも良いですが『バインセオ』が食べてみたいです。

 

さて、今回初めてベトナムカレーというのを食べたのですが、そもそもベトナムカレーとはどういった特徴があるのでしょう。

上にブログによりますと

ベトナムカレーの特徴はココナッツミルクとサツマイモを入れること。やさしい甘さと芳ばしさがあるカレーです。

まさにこのレトルトカレーはベトナムカレーど真ん中のカレーであるということのようです。

色・香り・状態は? 

色はとっても黄色です。箱の写真通りです。

 

香りはココナッツの甘い香りがしてきます。その甘い香りの中にほんのりとスパイシーな香りが含まれています。

 

あんまり辛くはないんだろうな〜という印象を受けます。

 

状態はかなりシャバシャバです。ご飯にしっかり絡みそうな感じです。

お味は? 

ココナッツの甘みがまず来ます。そのあとほんのりと辛みがやって来ます。

 

辛いのがダメな人でもこの程度ならおいしくいただけるんじゃないでしょうか。

 

酸味は感じられませんでした。

 

生姜っぽい辛みや香りがするような気がするのですが、箱の裏を見ても生姜の文字がありませんでした。

 

なんででしょうね?バカ舌なんですかね?

 

とはいえ生姜好きなので、普通に楽しめました。

具は?

具は大きめのサツマイモとチキンがたくさん入っててお得感がありました。

 

普通カレーといえばジャガイモのなんですけども、これにはサツマイモが使われていることがとっても特徴的です。

 

このサツマイモが素晴らしい。

 

僕が無類のサツマイモ好きということを抜きにしても、これからカレーを作るにはジャガイモよりサツマイモを使うべきじゃないかと思うくらいハマりました。

 

このココナッツ風味のカレーだからなのかも知れませんが、甘さがちょうどよく、食べたときのネトッとした感じが好きです。

 

チキンはムネ肉です。

 

実は無類のムネ肉好きなので、これまたドンピシャ。

 

食べていてこんなに嬉しくなるカレーは近年なかったのではないかと思います。

最後に

初めて食べたベトナムカレーがこれほどまで好みだと、これからもっとベトナムカレーおよびベトナム料理を食べてみたいと思いました。

 

『バインセオサイゴン』は関東にしかないようなので、おいそれとは訪問できませんが近くでベトナム料理を出してくれるところをこれから探そうという気持ちにさせました。

 

ただ、僕がおいしいとするカレーは甘味と辛味と酸味がバランスよく感じられることなのです。

 

そういう意味ではこのカレーからは酸味が感じられなかったので、ちょっと物足りない感じにはなってしまいます。

 

とはいえ、かなりおいしいのでリピートしたくなるカレーでした。

 

ごちそうさまでした。

ありがとう!