レトルトカレーと共に在れ

レトルトカレーを食べてます

【豚肉】『新福菜館のまかないカレー』

どうも、ろけねおです。

今回のカレーはこちらでございます。

mahou-contents.mbs.jp

もう売っていないカレーっぽいです。ずいぶん前に食べたもので、すみません。

厳密に言いますとレトルトカレーではないし、箱もなかったので写真がありません。

なぜ箱がないのかと申しますと、カレーが袋詰めされただけだからです。

本当にまかないで食べておられるカレーを無理言って、袋に詰めてもらった風のカレーでした。

新福菜館

ずいぶん前からちょくちょく食べにいっているラーメン屋さんであるにも関わらず、とあるテレビ番組でカレーのことが紹介されるまで、まかないカレーの存在を知りませんでした。

で、今回やっとお店に行く機会があったので購入したわけです。

このカレーの特徴はと言いますと中華そばの汁にカレーのルーを入れて作ったというところです。

大好きな中華そばの汁ですから、こりゃもう当然ウマいに違いないと期待が高まってました。

特に作り方は書いていなかったので通常のレトルトカレーと同じようにお湯でぬくめました。

本当は鍋にいれて、火を入れたほうがいいのかも知れません。

バンプ

見た感じは普通のカレーです。

状態はかなりドロッとしていました。

匂いもまた普通のカレーで特に中華そばな感じはありません。

色は多少黒い気がします。

食べるとかなり塩気が強いです。ちょっとでいっぱいのご飯が食べられます。

甘さや酸味は特に感じません。

後から辛さがジワジワとやって来ます。

これがなかなかの辛さです。辛口でしょうか。

具はシメジとピーマンとじゃがいもかな?が結構具だくさんですがそのほとんどは溶けてしまっている様子です。

お肉は中華そばのチャーシューですかね?

こちらも溶けているみたいで少しだけしか確認できません。

それゆえに、カテゴリーをポークカレーの【豚肉】にしました。

ルーの量が多かったです。

普通のレトルトカレー位の量で分けると3、4皿くらいは行けるかと思います。

量が多い上に塩辛いのでご飯が大量に必要になりました。

後味が醤油とかスープの香りですかね、新福菜館の人気メニューのやきめし的でした。

結論

カレーそのものは普通なんですが、塩気が強過ぎます。

中華そばのスープとして成り立っている塩加減に、カレールーを追加したんでしょうね、そりゃ塩辛くなるわなって感じです。

厨房で働く方は汗をかくので、このくらいの辛さでちょうどいいのかも知れませんが、特に汗もかかない仕事をしているボクはちょっと塩辛すぎました。

辛さはジャワカレーの辛口くらいだから、いい感じでした。

甘味や酸味を加えたり、ちょっと薄めるともっともっと美味くなるんでしょうね。

でも、それをやりだすとほとんどレトルトカレーも結局自分好みに変えて食えばいいやんって話になるので、面倒くさいというのもあってやりませんが、やったらもっとおいしく食べられたやろうな~という気持ちになりました。

それではまた。